東京で歯科特化の税理士 歯医者専門の税理士をお探しなら、歯科税理士東京Smile

お電話からのご相談は9時から21時まで受け付けております。

お問合せフォーム

ミネルバ会計週報『災害を受けた時の 住宅ローン控除の取り扱い』2021.08.02

今年も豪雨被害が出ています

近年、日本各地で豪雨被害が毎年発生しています。被害に遭われた方にお見舞いを申し上げます。
近年では予報精度が上がり、避難指示等の発令についても迅速に行われるようになってきました。しかし、災害が発生しそう、または発生しているその場にいる人が動かなければ、予報も避難指示も意味がありません。まずは災害が起きる前に、避難ルートの確認や情報収集の方法を考え、備えておきましょう。

災害時、住宅ローンの特例がある

いざ災害等に遭ってしまった場合は、雑損控除や災害減免法による所得税の軽減や、申告・納税の猶予、法人税の繰戻し還付等の、税の優遇が受けられるものがいくつかあります。住宅ローン控除についても、災害により住宅用家屋が被害を受けた場合には、特例を受けることができます。

適用期間の特例

用期間の特例
基本的に、住宅ローン控除は「居住している」ことが条件となりますが、災害によって被害を受けたことにより居住の用に供することができなくなった住宅は、住宅ローン控除の残りの適用年においても引き続き住宅ローン控除を受けることができます。
ちなみに「住んでないのにローン控除」が認められているケースは他に「単身赴任で家族は住んでいる住宅」があります。

重複適用の特例

被災者生活再建支援法が適用された市区町村の区域に所在する家屋が、災害により居住の用に供することができなくなった場合には、被災住宅の住宅ローン控除と、一定期間内に新たに住居用家屋の再取得等をした場合の住宅ローン控除を重複して適用することができます。
ただし、重複適用の特例を受ける場合は「それぞれの控除額の限度額のうち最も高い金額が控除限度額」となるため、2つの住宅ローンの合計額が大きい場合、すべての額が控除されるわけではありません。

 

新着情報

ミネルバ会計週報『投資よりも安全で効率的な生活防衛のためのふるさと納税のススメ』2021.09.13
ミネルバ会計週報『従業員の配偶者に対する 健診費用の会社負担』
ミネルバ会計週報『採用力を上げる 求人票で押さえたいポイント』2021.08.30
ミネルバ会計週報『有期雇用契約者と雇用保険の 離職者区分』2021.08.23
ミネルバ会計週報『オリンピックの報奨金は非課税だけど… 未成年者の確定申告』2021.08.16
ミネルバ会計週報『令和元年度分「会社標本調査」調査結果』2021.08.10
ミネルバ会計週報『災害を受けた時の 住宅ローン控除の取り扱い』2021.08.02
ミネルバ会計週報『継続支配要件緩和と 中小M&Aへの貢献』2021.07.26
ミネルバ会計週報『資産移転の時期の選択に中立的な税制』2021.07.19
ミネルバ会計週報『令和2年度 査察の概要』2021.07.12

お問い合せバナー(お電話からのご相談は0120-944-567)

ページトップへ