東京で歯科特化の税理士 歯医者専門の税理士をお探しなら、歯科税理士東京Smile

お電話からのご相談は9時から21時まで受け付けております。

お問合せフォーム

ミネルバ会計週報『事業復活支援金 給付額算定の注意点』2022.03.22

新型コロナウイルス以外の理由はNG

事業復活支援金は新型コロナウイルス感染症により、大きな影響を受ける中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者に対して、事業規模に応じた給付金が支給される制度です。
2021年11月から2022年3月のいずれかの月の売上高が、2018年11月~2021年3月までの間の任意の同じ月の売上高と比較して50%以上、または30%以上50%未満減少した事業者が対象となります。
給付対象は「新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上高が減少していること」となっているため、事業活動に季節性があるケース(例:夏場の海水浴場)における繁忙期や農産物の出荷時期以外など、通常事業収入を得られない時期を対象月として新型コロナウイルス感染症の影響により事業収入が減少したわけではない売上の減少については申請できません。
また、売上計上基準の変更や顧客との取引時期の調整により対象月の売上が減少している場合や、法人成り又は事業承継の直後など、単に営業日数が少ないことにより対象月の売上が50%以上減少している場合も給付対象外です。

給付金は算定に含まない

対象月の該当性判断や給付額の計算については、各月の事業収入に、新型コロナウイルス感染症対策として国または地方公共団体による支援施策により得た給付金・補助金等が含まれる場合は、その額は除いて計算します。
持続化給付金や一時支援金、月次支援金、家賃支援給付金等については加味しないで計算するということです。

例外は時短要請等の協力金

給付対象月中に地方公共団体による時短要請等に応じて、それに伴う協力金を受給した場合、「対象月の月間事業収入」についてはその協力金を加えて計算します。
ただし、基準月(売上高が50%以上減少等の、減少前の売上高を見る月)については、時短要請等に応じた分の協力金等を月間事業収入として加えずに計算することになっています。

新着情報

ミネルバ会計週報『業務改善助成金の活用で 効率化促進』2022.05.16
ミネルバ会計週報『コロナ補助金と設備投資 設備取得分は収入にならない』2022.05.09
ミネルバ会計週報『カスハラ対策行っていますか 対策企業マニュアル』2022.05.02
ミネルバ会計週報『所得税と消費税の負担感』2022.04.25
ミネルバ会計週報『令和4年度の雇用保険料率は 年度途中で段階的に引き上げ』2022.04.18
ミネルバ会計週報『税金よもやま話 自動車にかかる税金の種類』2022.04.04
ミネルバ会計週報『経産省HP掲載 ウクライナ情勢関連の支援策』2022.03.28
ミネルバ会計週報『事業復活支援金 給付額算定の注意点』2022.03.22
ミネルバ会計週報【扶養義務者間での贈与非課税】2022.03.14
ミネルバ会計週報『改正育児休業法のポイント 育休の個別周知・産後パパ育休』2022.03.7

お問い合せバナー(お電話からのご相談は0120-944-567)

ページトップへ