東京で歯科特化の税理士 歯医者専門の税理士をお探しなら、歯科税理士東京Smile

お電話からのご相談は9時から21時まで受け付けております。

お問合せフォーム

ミネルバ会計週報『経理実務 現金勘定』2022.07.25

経理上「現金」勘定で処理するものは?

硬貨や紙幣といった貨幣(お金)のほかに、金融機関ですぐに換金できる通貨代用証券も含まれます。通貨代用証券とは他人振出小切手、送金小切手、郵便為替証書、配当金領収書、期限の到来した公社債利札 などです。また貨幣といっても円とは限りません。ドルや人民元等他国の通貨も「現金」勘定で処理します。

他国の通貨(外貨)の処理

外貨も経理上の表示は○○円と円表示ですが、その外貨を取得した時の円相場と決算時点での円相場が違っているときは、為替差損益で残高を修正します。例えば$1=¥120の時に$10,000取得した場合、「現金」勘定には1,200,000円と記帳されます。しかし決算時点で$1=¥130となった場合は、以下の処理をします。
(現金)100,000/(為替差益)100,000

仮想通貨はどうなるの?

仮想通貨は、通貨といっても現物がありませんので「現金」勘定ではなく、「仮想通貨」勘定等別の勘定科目を設けて処理するのが現状では妥当です。外貨同様、決算時点で相場が変わっていれば損益勘定で修正します。

現金取引は減っている

現在多くの企業では現金取引は少なく、ほとんどが銀行を通じた決済や電子決済となっておりますので「現金」勘定が登場する場面は少なくなっております。
企業が従業員の交通費や立替金を清算する場合は「小口現金」勘定を使い、「現金」勘定とは区別して管理します。

現金商売は日々の管理を

しかし小売業や飲食業などは日々の現金商いですから、現金勘定の管理は日々行う必要があります。最近では電子決済等のキャッシュレスで支払う人が多くなったので間違いは少なくなりましたが、つり銭間違い等で売上の伝票やレジ集計等と現金が合わない場合は「現金過不足」勘定で残高を合わせておく必要があります。
現金商売をしている小売店や飲食店には突然税務署の調査官が来て、レジの現金とレジ集計表との突合をしてゆくこともよくあることです。注意しましょう。

新着情報

ミネルバ会計週報『「業務改善助成金」特例コース拡大 ~原材料高騰による利益減も対象~』2022.10.03
ミネルバ会計週報『 国民健康保険の「傷病手当金」 ~新型コロナ特例~』2022.09.26
ミネルバ会計週報『受取配当等益金不算入 制度の新別表の変更点』2022.09.20
ミネルバ会計週報『令和4年分申告書等作成コーナー新機能今年も早々に新機能を紹介』2022.09.12
ミネルバ会計週報『消費税 課税事業者・免税事業者どっちが得』2022.09.05
国税局・税務署をかたった不審なメールにご注意ください
ミネルバ会計週報『譲渡所得の基因』2022.08.29
ミネルバ会計週報『財産債務調書制度等の 見直し』2022.08.22
10月2日開催『か強診』取得オンライン勉強会
ミネルバ会計週報『経理実務 棚卸資産勘定』2022.08.15

お問い合せバナー(お電話からのご相談は0120-944-567)

ページトップへ