東京で歯科特化の税理士 歯医者専門の税理士をお探しなら、歯科税理士東京Smile

お電話からのご相談は9時から21時まで受け付けております。

お問合せフォーム

ミネルバ会計週報『実はあの「そうめん」の製造元は… 「そうめん」と協同組合』2022.08.01

揖保乃糸」はどこが作っているの?

「そうめん」が美味しい季節になりました。産地それぞれの原料や製法も異なり、食べ比べるのも愉しいものです。
有名な手延べ素麺の「揖保乃糸」を食べることがあれば、袋の裏側を見て下さい。製造元が「兵庫県手延素麺協同組合」と記されています。実は「揖保乃糸」は、すべて、この協同組合の組合員(約400名)により製造されているそうです。
この協同組合では、原材料(小麦粉、食塩、食用油)や資材(木箱)を共同購入して組合員に供給し、組合員は、製造した素麺を協同組合に納品しています。いわゆる製造委託の形態ですが、製造から販売まで、協同組合側で品質管理を徹底し、伝統的な製法を守っていることが特徴です。
もともと、この地域で作られる播州素麺には600年の歴史があり、江戸時代の頃から、索麺屋仲間が集まり品質の取り決めなどを行っていたそうです。

協同組合とはどんな組織?

協同組合の目的は、「相互扶助」の精神に基づき、組合員との取引をベースとして、組合員の経済的地位の向上を図るものとされています。一般の会社のように、自己の利益を追求することを第一とはしていません。そのため、会計も一般的な会社とは異なった特徴をもっています。
〈協同組合会計の特徴〉
① 応益負担の原則
② 予算会計制度
③ 組合員持分会計
④ 事業別区分損益計算
組合の指導機関である全国中小企業団体中央会が公表している「中小企業等協同組合会計基準」に準拠すれば、公正妥当な会計処理として認められます。

協同組合の税務(事業分量配当金など)

協同組合の税務を見ると、普通法人の中小法人と同様に、法人税率は19%(所得800万円以下15%)とされ、欠損金の繰越控除について、所得金額の100%まで損金に算入することができます。
協同組合に特徴的な制度としては、①事業分量配当(組合員に対する、組合事業の利用分量に応じた分配金)の損金算入ができること、②連合会への普通出資に係る配当については、出資比率にかかわらず益金不算入割合は50%などが挙げられます。

新着情報

ミネルバ会計週報『「業務改善助成金」特例コース拡大 ~原材料高騰による利益減も対象~』2022.10.03
ミネルバ会計週報『 国民健康保険の「傷病手当金」 ~新型コロナ特例~』2022.09.26
ミネルバ会計週報『受取配当等益金不算入 制度の新別表の変更点』2022.09.20
ミネルバ会計週報『令和4年分申告書等作成コーナー新機能今年も早々に新機能を紹介』2022.09.12
ミネルバ会計週報『消費税 課税事業者・免税事業者どっちが得』2022.09.05
国税局・税務署をかたった不審なメールにご注意ください
ミネルバ会計週報『譲渡所得の基因』2022.08.29
ミネルバ会計週報『財産債務調書制度等の 見直し』2022.08.22
10月2日開催『か強診』取得オンライン勉強会
ミネルバ会計週報『経理実務 棚卸資産勘定』2022.08.15

お問い合せバナー(お電話からのご相談は0120-944-567)

ページトップへ