東京で歯科特化の税理士 歯医者専門の税理士をお探しなら、歯科税理士東京Smile

お電話からのご相談は9時から21時まで受け付けております。

お問合せフォーム

ミネルバ会計週報「免税事業者が申告したら」2020.09.14

申告義務のない申告がなされた場合

消費税の免税事業者に該当するので申告義務のない者が、手違いで申告書を提出したら、それは有効でしょうか。
仕入税額控除ができる者は、課税事業者に限られますから、免税事業者は仕入代金に含まれている消費税と地方消費税の還付を受けることはできません。

申告義務のない還付申告がなされた場合

もし、免税事業者が判断を誤って、申告・納税をした場合は、無効な申告の取下げ依頼書の提出の慫慂がなされ、過誤納金の返還がなされるものと思われます。
それならば、免税事業者の還付申告でも同じはずと思われますが、還付申告では、まず、還付申告は有効な申告とみなして、控除対象仕入税額0円、控除不足還付税額0円とする修正申告を慫慂したり、更正処分をしています。
還付不履行のまま申告無効の主張だけ否定
免税事業者のする還付申告の例は少なくありませんが、実際に還付が行われているケースはなさそうで、還付保留のまま、ゼロ申告の修正申告・更正処分がなされ、その上で保留還付金の返還である「納税」と当初還付申告による「還付」とを相殺関係とするようです。
ただし、そこで終わるのではなく、修正申告・更正処分に伴う過少申告加算税や重加算税の賦課が後からついてきます。
免税事業者還付申告に関わる税務係争のほとんどは、この賦課処分を不服とするものです。

ケジメを重視するスタンス

ケジメを重視するスタンス
実際に還付がなされてもいないのに、これは許せん、とばかりに行政も司法も硬直的な対応をしています。
過少申告加算税の制度は、申告納税方式の下において、納税者の申告は納税義務を確定する上で重要であり、適正な申告をしない納税者に対して一定の制裁を加え、その申告秩序の維持を図ることを目的としたものであるから、過大な還付金を申告した場合には、還付金が現実に納税者に還付されているかどうかにかかわらず、同申告によって過少申告加算税が賦課されるのは当然だ、と判決文に書かれています。

新着情報

ミネルバ会計週報『譲渡不可だが譲渡所得』2020.10.26
臨時休業のお知らせ
歯科医師必見!訪問歯科をはじめるなら今~コロナ禍に求められる歯科医院経営~
ミネルバ会計週報『商業登記における 代表者の氏名・住所変更登記』2020.10.19
ミネルバ会計週報『令和2年度地域別最低賃金』2020.10.12
ミネルバ会計スタッフブログ『GO TOキャンペーン』
ミネルバ会計週報『増えている簿価修正規定』2020.10.05
ミネルバ会計週報『留学生・家族滞在者 資格外活動許可に関する解釈変更』2020.09.28
ミネルバ会計週報『心地良い職場環境の指針 ~快適なオフィス空間を目指して~』2020.09.24
ミネルバ会計週報「免税事業者が申告したら」2020.09.14

お問い合せバナー(お電話からのご相談は0120-944-567)

ページトップへ